産業医活動のご案内

産業医活動

産業医とは
産業医とは

働く皆さんが自ら保健活動を行うことを助けるとともに、働く皆さんにとって事業場や作業現場が快適な環境になるよう指導助言する医師を産業医といいます。

つまり、ヘルシーで、そしてセーフティなカンパニーづくりを助けるプロです。

産業医の役割
三大疾病/メタボリックシンドローム/メンタルヘルス

働く皆さんには、各種のがん・心臓病・脳卒中の三大疾病で悩み、亡くなる人たちが増えています。がんの予防と早期発見が大切ですし、脳梗塞・心筋梗塞などを引き起こす「メタボリック症候群(内臓脂肪型肥満に加えて、高血糖・高血圧・脂質異常のうちいずれか2つ以上をあわせ持った状態のこと)」に対する総合的な予防策も大切です。

また近年、こころの健康問題(メンタルヘルス問題)を抱えている人たちが急増しています。メンタルヘルス不調者を出さない、出たら早期に対応をすることが重要で、それについての助言や指導を行います。

その他、実際に働いておられる現場を見て、安全衛生の面から点検を行います。
ノースモーキング環境の創造なども要請される時代です。皆さんの協力と知恵を求める中で、
事業者の安全配慮義務の推進を助言・指導します。

産業医の具体的な仕事
  1. 働く皆さんの健康学習・安全学習の推奨と助言
  2. 健康診断に基づく健康づくり(特に、食生活習慣の改善・運動療法のすすめ)
  3. 労働安全衛生委員会への出席
  4. 職場巡視と職場環境への改善指導
  5. 専門医への紹介、治療相談など

常時50人以上の労働者を使用する事業所は、『労働安全衛生法』に基づき『産業医』が必要です。
経験豊富な医師があなたの職場の安全・健康管理・職場環境改善などのお手伝いを致します。

京都城南診療所 ページの先頭へ